物語フェス

物販に開演前13時半から並ぶも、開演の17時に間に合わないほどの列。残り5人で自分の番であったが開演に遅れては元も子もないので仕方なく断念。

f:id:abrianknows:20190511233119j:image

幕張メッセの大きさが全然分からなかったが3階スタンドからでも意外とステージから近かったので良かった

今までサイリウム振る経験をするのがなかったのでいらんやろと思っていたが、ライブ中死ぬほど後悔した。こんなん絶対いりますやんと。まあ買えなかったんですけど…。

とにかく右も左もわからない状態で行ったばっかりに、多少でも経験していれば色々な事に戸惑わずにもっと楽しめたと思う。

f:id:abrianknows:20190511232435j:image

Talkというのはいわゆる朗読劇で、その後に数曲を挟んでまた朗読劇が始まるといった進行。

今回出演する声優さんは事前に調べて大体の身なりは覚えてから望んだ。

千和さんはマギレコのイベントで初めてビジュアルを拝見したが千和さんって感じの印象。まぁほむらひたぎのイメージしか自分にはないのですが。

1曲目のStaple stableが1コーラスですぐに終わってしまったので、どんどん曲を消化していく感じなのだろうかと感じたが、2曲目に加藤英美里さんがフリフリの衣装でフルで歌っていたのを見て、なるほど、曲によって歌う長さが違うんだなと思った。まあとにかく、フリフリで踊る英美里さんは、可愛いし凄かった。

3曲目の沢城さんは産休からまだ完全に復帰出来ておらず本番はコメント出演のみ、歌はCD音源からという感じだった。またレイニーデビルに扮した黄色いカッパを付けたダンサーが曲に合わせて踊るという少しチープな演出であった。

4曲目のキタエリは流石というか歌も上手いし会場の盛り上げ方を知っていて、曲もアッパーな感じなのでボルテージがMAXまで上がったところで、

5曲目沢城さんがまたCD音源なので見るからに客席のボルテージは下がっていた。でも沢城さんの曲はこの2曲だけなので先に消化させておくのは良い判断だとは感じた。

朗読劇後の6曲目は早見さんのオレンジミント。早見さんはこの1曲だけだが、朗読劇なども合わせてこの日1番早見さんがキャラに最も近かったと思う。

歌上手いのも知っているし演技も上手いのも知っているからこそ余接のままの演技や歌がとても素晴らしかった。また全く門外漢であるが生の高垣楓なるものを見たいとも思った。

7曲目はまよいヘルの曲。これもフリフリだったが馴染みがあるのはやはり2曲目なのでなかなかノるのが難しいという感じだった。

8曲目は堀江さんの曲。水樹奈々と並び評されると言われるアイドル声優とだけあって、とても安定して歌われていた。羽川はあまり好きになれないが堀江さんは本当に凄いんやなぁと感心しながら聴いていた。

9曲目は老倉の曲。老倉もキャラがキツすぎるために評価されづらいが、井上麻里奈さんには何の罪も無いので普通に聴けた。また麻里奈さんは身なりが本当にとても美しかった。

10曲目は水橋さんの曲。ミズハスは神。

11曲目はざーさんのサーキュレーションじゃないほう。ざーさんは力。

12曲目は待ってましたの白金ディスコ。この日の為にコーレスを練習したが意外とディスコと皆叫んでなかったので肩透かしをくらった。とりあえず衣装が月火ちゃんモチーフで凄かったです。

朗読劇が終わりまだまだ盛り上がって行くぞーの13曲目。相変わらず堀江さんは上手かった。羽川を少しでも好きになれていたらもっと感動出来たのにとは思った。

14曲目、言わずと知れた神曲of神曲×花澤香菜=頂点。

15曲目は麻里奈さんの2曲目。しょうがないはしょうがないんだけどやはりボルテージは下がる。でもそれも相まって悲壮感溢れる美しい老倉がそこにいた。

16曲目は水橋さんの2曲目。曲自体が難しいのでなかなか苦戦されていたがなんとか歌いきっておられた。

そして最後の曲はWicked Princeだった。冒頭の千和さんが歌い始めた瞬間から自分は既に大号泣していた。本当に集大成という曲で歌詞もキャラ毎に振り分けられていて、しかもちゃんとそのキャラごとに意味のある言葉になっている。本当に愛してきて良かった。好きになって良かった。心から感謝しかなかった。

カーテンコール、後ろに君の知らない物語が流れながら公演は終わった。割れんばかりの拍手を自分は送った。

公演後、本当に物語が終わってしまって、死にたい気持ちにもなったが、与えて貰ったものは返していかないとと、すぐに前向きな気持ちになれたのは、やっぱりありったけの感謝の気持ちからなんだろうと感じる。

ありがとう物語シリーズ

f:id:abrianknows:20190512010229j:image